ひまわり

発症したら

自分がうつ病になってしまったら注意すべき点とは

近頃は、うつ病を発症してしまう人が増えています。では、もし自分がうつ病であると診断されたら、どのようなことに気をつけて治療していくべきなのでしょうか。まず、自分がうつの患者なら、状態が悪くなることがあっても、必ず治るはずであると信じてください。うつ病は、適切な治療により必ず治る病気ですから、「治らないのではないか」と悲観した考えをもたないことが大切です。 また、家族や職場の上司などにも相談して、治療しやすい環境を作ってもらうことも大切です。特に、家族の理解があれば、うつ病の治療はスムーズに進みやすくなります。それに、薬に拒否反応を示す人もいますが、抗うつ剤などは安全な薬ですので、不安に思わずにしっかりと服用するようにしましょう。

病気を治療するためには家族の理解も大切となる

昔、うつ病は「怠け病」などとも呼ばれていました。しかし、学校や仕事に行きたくないと思った時、それがうつの症状によるものであれば、普通のわがままとはまったく違うものであるということを覚えておきましょう。 誰しも、うつ状態になると意欲的に勉強や仕事をする気力が奪われてしまいます。その結果、頑張りたいと思っているのに、頑張ることができないという状態に陥ってしまいます。ですから、そんな時には無理に頑張ろうとはしない方がいいのです。疲れた心をリラックスさせて休ませてあげるようにしていくことが重要です。 患者自身の努力だけでなく、家族や医師などの協力によって、克服できる病気だといえます。もし、何に対しても意欲がなくなったり、学校や職場に行きたくないと感じたら、家族などに相談してみるようにしてください。